不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

メガ超高層マンションの迷走販売


本日、マンション広告2枚。

【第3期予告広告】銀座一丁目駅直通5分、駅徒歩6分。総戸数1,063戸、48階建×2棟。予定販売戸数60戸、1LDK(42.71m2)〜3LDK(132.77m2)。予定販売価格3,900万円〜17,600万円。平成21年3月19日竣工済み(S棟)・6月下旬(N棟)竣工(本チラシ掲載日の1カ月前・2カ月後)。

  • ※08年6月20日(金)・7月19日(土)・8月1日(金)・8月15日(金)・12月5日(金)、09年1月1日(木)の物件と同じ。

共用施設を大胆なまでに削ぎ落としてコストダウンに挑んだ、大規模な超高層のツインタワー・マンション。


総戸数1,000戸を超えるメガ超高層マンションにしては、毎回、なぜかB4サイズと小ぶりな折り込みチラシ。

  • 5/14(木)〜5/16(土)第3期登録受付

予告広告でゴールデンウィーク期間中に集客しておいて、客の希望価格をサウンディングしたうえで、ゴールデンウィーク翌週に受け付け開始しようという作戦か?


チラシ裏面の物件概要に目を凝らすと、次のように「お詫びと訂正」が記されている。

第三期販売予告広告において、販売開始時期を平成21年5月下旬としておりましたが、販売計画の変更により、平成21年5月中旬となりました。
ここに訂正するとともに、お詫び申し上げます。

これまで「5月下旬」に販売開始すると予告していた第3期の販売時期を、「5月中旬」に前倒しするという。
何か引っかかるので、過去の販売履歴をチェックしてみた。


『マンション・チラシのデータベース』によれば、第1期の予告広告が打たれたのは08年6月20日で、販売戸数362戸。
その後、09年1月1日の第2期予告広告において、販売時期「1月下旬予定」、「予定販売戸数50戸」と予告されるものの、なかなか発売されず。
結局、第2期の本広告は、筆者のところの折り込みチラシでは確認できなかった。
※第2期の予告広告の折り込みチラシを出しておきながら、同じエリアに第2期の本広告の折り込みチラシを出していないとすればルール違反。
首都圏版マンションズをひも解くと、09年4月7日号において第2期の販売戸数が30戸であることが分かった。
しかも当初予定されていた販売戸数50戸より、20戸も少ない。


そして本日の第3期の予定販売戸数が60戸。
第1期(本広告)から第3期(予告広告)の販売戸数を合計すると、452戸(=362+30+60)。
総戸数1,063戸の約4割でしかない。
あと2カ月で竣工なのに、まだ約6割も売れ残っている?


発売戸数を減らしてみたり(第2期:50戸⇒30戸)、発売時期を前倒ししてみたり(第3期:5月下旬⇒5月中旬)、膨大な数の売れ残り住戸(611戸)を前に、販売サイドが迷走しているのか・・・・・・。

よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.