不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

「首都圏版 マンションズ」の紙質低下

マンションズ(首都圏版)ページ数の変
リクルート社のフリーマガジン「首都圏版 マンションズ」。
3月下旬に入って、薄さがかなり目立ってきた。
今年の1月から700ページ前後の分厚い状態が続いていたのに、年度末の3月24日号(482ページ)、3月31日号(442ページ)とページ数が急激に減少。
ついに今週の4月7日号では400ページを割ってしまった(362ページ)。
しかもページ数が大幅に減少しただけではなく、ページの後半の「首都圏マンション スーパーガイド」以降の紙質が上質なものから、あきらかに低質なものに変わっているのだ。


電通が09年2月23日に発表した「2008年(平成20年)日本の広告費の概要」によれば、「不動産・住宅設備」の広告費は、前年比85.3%、「住宅メーカーの企業広告、分譲マンションなどが減少」しているという。


「首都圏版 マンションズ」の紙質低下は、今のマンション市況の厳しさを象徴している。

(本日、マンション広告1枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.