不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

超高層マンション契約率60%を割る

マンション売行き推移(首都圏)


本日、マンション広告なし。

    • -

不動産経済研究所が3月16日、2月の首都圏マンション市場動向を発表。
2月の販売在庫は2007年11月以来、15カ月ぶりに1万戸を割ったという。
ただ、発売戸数は前年同月比27.5%減の2,509戸で、18カ月続けて前年を下回っている。


新規の供給物件が抑制され、アウトレット化した投げ売りによって在庫が減少しているという現象。
マスコミ各社のネットニュースの見出しは、「在庫削減」というポジティブ表現と「18カ月連続」というネガティブ表現とが混在している。


100%消費者本位の筆者としては、マスコミが取り上げていない首都圏の超高層マンションの売れ行きに調べてみた。


不動産経済研究所の同発表資料には、「2月の超高層物件(20階以上)は16物件523戸、契約率58.5%(前年同月17物件698戸、契約率76.8%)」とも記載されている。
過去の発表データと合わせて、超高層マンションと非超高層マンションのデータをグラフ化してみると――。


1月に70%をわずかに上回っていた超高層マンションの契約率は、2月にはついに60%を下回ってしまっていることがよく分かる(右上グラフ参照)。

[超高層マンション] ブログ村キーワード

よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.