不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

このところ、住宅情報誌が厚い

販売在庫と住宅情報誌頁数の推移(首都


本日、マンション広告なし。

    • -

リクルート社のフリーマガジン「首都圏版 マンションズ」。
この住宅情報誌、最近の厚さは尋常でない。
今週の3月3日号は厚さ17ミリ(778ページ)。
駅のラックからカバンに入れて持ち帰るには、けっこう重い。


住宅情報誌が分厚くなることは、在庫処分に寄与しているのか?


首都圏の「販売在庫」と「住宅情報誌の頁数(1冊当たりの月平均頁数)」の推移をグラフ化してみた。
昨年の9月以降700〜800ページ程度の分厚い状況が続いている。
ちなみに、この1年間で最もページ数の多かったのは、今年の1月6日号。
なんと1,046ページもあった。


ただ、首都圏の「販売在庫」は2007年12月に1万戸を突破(10,763戸)して以来、昨年12月に1万2千戸の大台(12,427戸)に乗った後、翌1月に11,679戸と若干減少したものの、依然高い水準を維持している。

よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.