不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

未契約完成在庫戸数でみたランキング

完成在庫の状況


本日、マンション広告1枚。

【第1期本広告】大手町駅直通16分、駅徒歩10分。総戸数29戸(管理事務室1戸含む)、8階建。販売戸数8戸、1LDK(61.16m2)〜3LDK(71.76m2)。販売価格2,990万円〜4,290万円。平成20年6月竣工済み(本チラシ掲載日の8カ月前)。

  • ※11月1日(土)、12月18日(木)、12月21日(日)、1月10日(土)、1月22日(木)、1月27日(火)、2月7日(土)、2月22日(日)の物件と同じ。

8カ月前に竣工済みの小規模マンション。


無名の不動産会社の物件は、戸数が少ないといえども、なかなか完売できない状況にあるようだ。
では、大手デベロッパーの場合はどうなのか?


不動産経済研究所が2月19日に発表した2008年発売戸数トップ20社について、第3四半期末時点の未契約完成在庫(=売れ残り)の戸数を調べてみた。
非上場会社2社(穴吹工務店・マリモ)や12月に民事再生申請した1社(ダイア建設)の未契約完成在庫の情報が不明なのはともかくとして――
あとの17社のうち、9社(大和ハウス工業・コスモスイニシア・東京建物・ゴールドクレスト・穴吹興産・近鉄不動産・セントラル総合開発・新日鉄都市開発・タカラレーベン)についても未契約完成在庫の情報が見当たらない
結局、未契約完成在庫データをしっかり開示していたのは、下記に示す大手デベロッパー8社だった。


8社の在庫率(=未契約完成在庫戸数÷発売戸数)をみるとワースト3は、三菱地所・東急不動産・藤和不動産(右上グラフ参照)。
未契約完成在庫戸数の多い順に並べ変えると、下記のように野村不動産・大京・住友不動産がワースト3ということになる。
大手といえど、在庫率が10〜30%。データを開示していない(できない?)中小・新興デベロッパーの状況はいかに。
なお、不動産経済研究所が発表している「発売戸数」は、あくまでも発売された戸数であって、販売された戸数ではない(売れた戸数ではない)。

  • 事業主の(未契約完成在庫戸数/発売戸数)在庫率

※未契約完成在庫戸数の多い順。

  • 1位:藤和不動産(754戸/3,353戸)22%
  • 2位:三井不動産レジデンシャル(649戸/3,973戸)16%
  • 3位:東急不動産(574戸/1,865戸)31%
  • 4位:三菱地所(540戸/1,583戸)34%
  • 5位:大京(448戸/4,161戸)11%
  • 6位:住友不動産(346戸/2,568戸)13%
  • 7位:オリックス不動産(253戸/1,307戸)19%
  • 8位:野村不動産(174戸/2,778戸)6%



よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.