読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

第2期のほうが販売単価が高い物件もある

期分けの研究 チラシ研究

販売単価の推移


土曜日、マンション広告2枚。

【本広告】東京駅直通16分(快速利用)、バス約10分+徒歩1分。総戸数179戸、4階建×4棟。販売戸数5戸、3LDK(78.86m2)〜4LDK(110.46m2)。販売価格5,570万円〜7,720万円。平成21年2月下旬竣工(本チラシ掲載日の1カ月後)。

湾岸エリアに建つ、駅から遠い低層マンション。
リクルート社のフリーマガジン「首都圏版 マンションズ」のバックナンバーをもとに、この低層マンションの販売履歴を調べてみた。


昨年の9月2日に第1期として、109戸が販売されている。
その2カ月後の11月4日に第2期として、70戸が販売されている。
この時点で総戸数179戸すべてを販売してしまっている(すべて契約締結されているという意味ではない)。
12月以降、「販売戸数5戸」という広告が続くのだが、それぞれの広告内容を分析していくと、174戸(=総戸数179戸−5戸)が売れてしまったということでもないらしい。


ちなみに、第2期の販売単価(67.5〜72.3万円/m2)は、第1期(65.5〜71.5万円/m2)と比べるとやや高めとなっている(右上グラフ参照)。
本物件の建つ、千葉県の12月の平均単価49.3万円/m2(不動産経済研究所1月20日発表資料)よりもはるかに高く、23区平均74.7万円/m2(同)に迫る。


よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.