不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

値引きを謳うおとり広告?


日曜日、マンション広告2枚。

  • 2007年9月16日(日)・11月3日(土)・12月8日(土)、2008年5月1日(木)、7月5日(土)、7月20日(日)、9月6日(土)、11月2日(日)の物件と同じ。

【本広告】大手町駅直通16分、駅徒歩7分。総戸数52戸、10階建。販売戸数6戸、2LDK+S(62.90m2)〜4LDK(82.44m2)。販売価格3,790万円〜4,840万円。平成20年8月31日竣工済み(本チラシ掲載日の4カ月前)。

4カ月前に竣工済みの、環七沿いに建つ中規模マンション。
B4判のペラペラの用紙オモテ面に気になるキャッチコピー。

  • 新価格発表!
    • Eタイプ 3LDK(67.29m2)
    • 3,790万円(税込)

旧価格が表示されていなので、いくら値下げされたのか不明だ。
そこで、この物件の直近のチラシ(11月14日)の価格表示を調べてみると――
Eタイプは、「3,880万円〜」となっている。
したがって、「新価格」は、少なくとも90万円(=3,880万円−3,790万円)値下げされたことが分かる。
率にすると、2.3%(=90万円÷3,880万円)とわずかだ。



価格を調べていて、もっと興味深いことに気がついた。
この物件のホームページを見ると、Eタイプは「終了しました」と赤字で注記されているのだ。
なんだ、もう売れてしまっているではないか、と思いきや、ホームページの物件概要では「販売戸数6戸」と、チラシと同じ戸数のままだ。
これは一体どういうことなのか?
本日のチラシでは、Eタイプの住戸を値下げして販売することになっているのに、ホームページでは販売済みだという。
ホームページのデータ更新日が明記されていないのも問題(「不動産の表示に関する公正競争規約」違反)だが、理由はともかく、結果的に、Eタイプの住戸については、「おとり広告」となっている。
おとり広告とは、「物件は存在するが、実際には取引の対象となり得ない物件に関する表示」(不動産の表示に関する公正競争規約 第21条(2)号)のこと。



まあ、業者としては、「チラシを印刷している間に、Eタイプが売れました」とでも説明されるのでしょうか。
だとすれば、ホームページの情報を「販売戸数6戸」ではなく、「販売戸数5戸」に減じておくべきでした。
「販売戸数を5戸に減じておかなかったのは、キャンセル住戸が1戸発生したから」と言われそうな気もするが・・・・・・。
ホームページのデータ更新日を、しっかり表示すべし!


よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.