不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

「マンションズ」に掲載のとある物件の値引き率は2割近い

昨日の記事では、Yahoo!不動産で公開されているとある物件の値引き率は1割強であることのデータを紹介した。
本日は、リクルート社のフリーマガジン「首都圏版 マンションズ」10月21日号から、値引き情報を拾ってみよう。
全600頁を一枚一枚めくっていくと、「新価格」を謳っている5つの物件を発見。
「値下げ」ではなく、「新価格」というポジティブな表現に、広報マン(ウーマン)の苦心の跡を感じるのは筆者だけか・・・・・・。
5つの物件のうち、ズバリ「旧価格」も開示しているのは、残念ながら1物件だけ。
総戸数292戸、4棟(12階建+9階建+8階建+6階建)からなる、2008年3月4日竣工済の大手デベロッパーの免震マンションだ。
新旧の価格の内訳は次のとおり。

  • 78.95m2 3LDK:5,630万円(旧価格) ⇒4,660万円(新価格)
  • 85.83m2 4LDK+N:6,410万円(旧価格) ⇒5,300万円(新価格)
  • 100.24 4LDK:8,230万円(旧価格) ⇒6,810万円(新価格)

それぞれの値引きの額は、970万円、1,110万円、1,420万円。
値引き率にすると、3つとも17%だ。
大手デベロッパーの免震マンションといえども、都内の郊外物件となると値引き率が、2割近い・・・・・・。


よく調べた、感じた方は 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.