不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

そして外資系の売主が残った

木曜日、マンション広告1枚。

  • 2月15日(金)、4月28日(月)、6月5日(木)の物件と同じ。

【第2期 先着順】東京駅直通24分(快速利用)、駅徒歩8分。総戸数684戸、22階建。販売戸数13戸、3LDK(70.78m2)〜4LDK(115.07m2)。販売価格3,248万円〜7,668万円。平成20年2月15日竣工済み(本チラシ掲載日の5カ月前)。

爆音施設と道路一つ挟んで建つ、売主が外資系の超大規模マンション。
本日のチラシを見て驚いた!
前回チラシ(6月5日)まで売主だった新興デベロッパー(5月30日に子会社が倒産し、日本格付研究所がトリプルBマイナスからシングルBプラスに格下げしていた)の名前がなくなっているのだ。
この新興デベロッパーは、本物件の売主に名を連ねたり、外れたりと慌ただしい動きをしている。
7月2日付けの「第15期有価証券報告書」をひも解くと、本物件(総戸数684戸)の売却等により、期末の完成済み販売在庫のうち、未契約在庫を1,457戸から203戸に減らすことができた旨が記されている。
新興デベロッパーが売り抜けた後に売主として残ったのは、外資系の企業と特定目的会社。
国内のデベロッパーであればよく見かける「(社)不動産協会会員」や「(社)首都圏不動産公正取引協議会加盟」の表示がないのは、さすが外資系?!


よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.