不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

超長期住宅先導的モデル事業で新築マンション5件採択

超長期住宅先導的モデル事業(C)国土交

国土交通省が7月8日、「平成20年度(第1回)超長期住宅先導的モデル事業の採択事業」の結果を公表。
4月11日から5月12日までに民間等から事業を公募し、603件の応募中40件が採択された。
そのうちの5件が共同住宅(=マンション)の新築部門。
具体的なプロジェクト名と評価は下記のとおり。
補助金の額については、「今後査定の上、決定する」とのこと。
なお、2回目の公募は8月、3回目の公募は平成21年1月に予定されている。

  • 阿佐ヶ谷プロジェクト(株式会社構造計画研究所)
    • 杉並区の共同住宅(賃貸)に関する提案。
    • 高い耐震性能を確保する三次元免震装置を設ける点が先導性を有するものとして評価した。また、維持管理にあたり、WEBを活用した一元的な情報の蓄積・閲覧システムの導入により配慮がなされている。界壁を越えた改築が可能となっており、住戸規模の課題に対応している。
  • 次世代ストック型集合住宅の提案(康和地所株式会社)
    • 東京都江戸川区に建設される共同住宅に関する提案。
    • 構造の安全診断や劣化診断を行う振動モニタリングシステムを提案しており、維持管理に関する新たな取組みとして評価した。また、RCの外断熱工法など一定の省エネ性能の配慮がみられる点も評価した。
  • 超長期住宅先導的モデル分譲マンション事業(吹田市、さいたま市)(株式会社長谷工コーポレーション)
    • 大阪府吹田市、及びさいたま市浦和区の共同住宅に関する提案。
    • 長期に渡る耐久性や将来の住戸の間取りの可変性や内装・設備の更新性への配慮など、これまでのマンション供給者としての技術的蓄積等を踏まえた上での提案となっている。このうち特に、コンクリートのひび割れ抑制のための措置や配管へのステンレス材の使用など、住宅の超長期供用に向けた配慮がなされている点を評価した。
  • 新日鉄都市開発・(仮称)グランリビオ高見弐番館超長期住宅先導的モデル事業(株式会社新日鉄都市開発)
    • 北九州市の共同住宅(分譲)に関する提案。
    • 先導的技術開発において開発されたステンレス鉄筋をバルコニーなど、鉄筋腐食しやすい部分に採用するなど、耐久性に対する先導的な提案が行われている点を評価した。また、維持管理について保守点検も含めて履歴情報に蓄積するなどの前向きな取組みについても評価した。
  • UR賃貸住宅「西ヶ原一丁目」(独立行政法人都市再生機構)
    • 東京都北区に建設される共同住宅(賃貸)に関する提案。
    • 共用部の排水管の取り替え容易性、将来の住戸規模や間取りの可変性の確保など細かい配慮など公的住宅供給事業者の技術的蓄積等を踏まえた上での提案となっていることを評価した。また、貝塚の保存や街区全体のデザインガイドラインの策定など景観にも一定の配慮を行っている。




よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.