不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

高架線路に近いマンション

【質問】
(1)窓を開けていて会話ができないほどの騒音でしょうか?
(2)資産価値については、どうでしょうか?

【回答】
(1)鉄道騒音について
「鉄道騒音の実測例」(平野滋「マンションの防音設計」オーム社)によれば、線路から水平距離35m離れた地点の中音域(周波数500Hz)で、

  • 1階レベルの騒音値が約60dB、
  • 地上29m(10階相当)の騒音値が約70dBです。

音のエネルギー密度(強さ)は、距離の2乗に反比例して小さくなります。ですから、線路からの直線距離では、高層階の住戸のほうが1階住戸よりも離れているので、騒音値が小さくなってもいいようなものです。
でも、実際には高層階の住戸は、1階住戸に比べて遮られるものがないので、騒音の距離減衰による低減効果よりも、直接伝搬する影響のほうが大きい。
その結果、鉄道に近いマンションでは、高層階の住戸ほど、騒音値が大きいことになります。


(2)資産価値について
以下のデメリットにつき、熟考すべきでしょう。

  • 鉄道騒音は、道路騒音と違って、24時間騒音ではなく、終電から始発までの間止みますが、朝夕の通勤ラッシュ時には、頻繁に電車が通りすぎることはマイナス要因です。
  • 窓を閉めればという考え方もありますが、春・秋の気候の良いシーズンであっても、心地よい自然の風を感じて過ごせません。
[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.