不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

販売戸数の激減状況を“見える化”

首都圏マンション発売戸数の推移


不動産経済研究所が3月13日に発表した2月の首都圏のマンション市場動向の見出し。

  • 供給28%減の3,460戸、全物件中37%が1ケタの供給戸数。
  • 価格3%UPの4,768万円、契約率は17Pダウンも辛うじて60%に。

「1ケタの」とか「辛うじて」という修飾語に、業界の悲鳴が感じられる。
今年に入って新興デベロッパー3社が倒産したように、不動産市況は厳しい状況にある。
でも、不動産経済研究所が発表した資料のうち、販売戸数の月次の推移グラフでは、そのあたりが読み取りにくい。
なぜならば、販売戸数は、もともと月によって変動が大きいからだ(販売戸数のピークは12月、ボトムは1月または8月)。
そこで、2004年度の販売戸数を100として、2005年度〜2007年度の月別の販売戸数を“見える化”してみた(右上グラフ参照)。
2004年度を100としたことで、月による変動(8月ピーク、1月または12月ボトム)が排除された。
その結果、2004年度に対して、2006年度、2007年度と、たしかに販売戸数が激減している様子が分かる。


よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.