不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

今年に入ってマンション・デベロッパーの倒産は3社

今年に入ってマンション・デベロッパーの倒産は下記の3社。
倒産の原因は、地価高騰や郊外物件・地方物件の販売伸び悩みや、茨城県・千葉県などの郊外物件の販売苦戦、財務体質が脆弱などとされている。
※3社とも神奈川県内のデベロッパー。

  • 2008年2月29日【東洋ホーム(株)】<負債総額:約94億円>
    • 昭和57年5月設立、神奈川県内中堅のマンション・デベロッパーとして「リブゼ」シリーズを展開していた。
  • 2008年2月18日【(株)アジャクス】<負債総額:約122億円>
    • 平成15年より自社ブランドマンション「フェリズ」シリーズや「ルシオン」シリーズを展開していた。
  • 2008年1月8日【グレイス(株)】<負債総額:約60億円>
    • 横浜市内を中心に自社ブランドマンション「サングレイス」シリーズの開発・分譲を手掛けていた。




よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング


[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.