不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

マンション販売戸数ランキング、販売戸数の推移で見ると―

全国の販売戸数の推移(事業主別)


02月20日(水) 大京が5位に転落! の記事で、事業主別の年間発売戸数が1978年以来29年続首位の大京が5位に転落した旨を記した。
今回初の1位に輝いた穴吹工務店は、ホームページで次のように宣伝している。

  • おかげさまでサーパスマンションは2007年事業主別マンション発売戸数ランキング 全国第1位
    • 穴吹工務店は、(株)不動産経済研究所発表の「2007年事業主別マンション販売戸数ランキング」で全国第1位にランクイン。
    • 激動するマンション市場において、穴吹工務店は今も着実に安定した販売実績を重ねています。

また、今回いきなり第6位となった日本綜合地所のホームページでは、2008年2月22日に「『2007年 年間事業者別マンション供給戸数』のお知らせ」として次のように、全国第6位ではなく、首都圏第2位を強調したニュースリリースを出している。

  • 当社はこの度、株式会社 不動産経済研究所が発表した「2007年 年間事業者別マンション供給戸数」において、供給ランキング首都圏第2位となりました。

さて、この販売戸数のランキング、順位に目がいきがち。
実際の販売戸数は、どのように推移しているのか、可視化してみた。
右上のグラフから分かるように、穴吹工務店の販売戸数が伸びたというよりも、大京の販売戸数が大きく減少したということだ。


最後までお読みいただき ありがとうございます。
よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.