不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

金利固定期間は10年固定が主流

(C)住宅金融支援機構

住宅金融支援機構が12月26日、民間住宅ローン利用に関するアンケート調査(第2回)を発表。
対象者は、平成19年5月から10月までに民間住宅ローンを借入れした1,003人。
主な調査結果は、以下のとおり。

  • 住宅ローンの認知度や決定では、住宅・販売事業者の影響が強い
  • 住宅ローン選びの決め手は、金利の低さと住宅・販売業者の勧め
  • 固定金利選択型の割合が上昇
  • 固定金利選択型は年収400万円超600万円以下の収入層で利用割合大
  • 固定金利型の当初金利固定期間は10年固定が主流に
  • 今後1年間の住宅ローン金利は少し上昇または現状維持するという回答が過半に



最後までお読みいただき ありがとうございます。
よろしかったら 応援のクリックを! ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.