不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

竣工までに完売できるか(総戸数820戸の場合)

f:id:flats:20161030160231j:plain
敷地の南に河川を臨む総戸数820戸、3棟からなる大規模マンション。

先着順販売住戸】大手町駅26分(途中乗り換え)、駅徒歩16分。総戸数820戸(A棟:222戸、B棟:203戸、C棟:395戸)、17階建(A棟)+14階建て(B棟)+18階建て(C棟)。先着順販売戸数55戸(A棟+B棟)、3LDK(83.60m2)〜4LDK(117.18m2)。販売価格3,818万円〜6,398万円、最多価格帯5,000万円台。平成20年1月下旬・7月中旬竣工(本チラシ掲載日の1カ月後・7カ月後)。

  • 2月3日(土)、4月1日(日)、5月23日(水)、6月15日(金)、11月22日(木)の物件と同じ。
  • モデルルーム好評公開中
    • 先着順申込受付中

ゴマ粒サイズの小さな文字で記された「物件概要」情報を読むと、A棟とB棟を合せた総戸数425戸のうち、55戸が「先着順販売住戸」となっている。
あれ?
第1期とか第2期とか、いわゆる期分け表示がされていない。
あと1カ月で、何戸売りさばこうとしているのか?
『マンション・チラシの定点観測データベース』を使って、これまでの販売戸数の履歴を確認してみた。

  • 2007年6月15日:【第1期】販売戸数60戸

第1期は、総戸数425戸のうちの14%(=60戸÷425戸)で販売スタート。
その2週間後(6月29日)の予告広告(第1期2次)では、次の「販売開始予定時期/平成19年7月中旬」と表示されているのに、本広告が打たれない。
7月中旬(7月20日)の予告広告(第1期2次)では、「販売開始予定時期/平成19年7月下旬」と本広告を打つ時期が延期されている。

  • 2007年8月3日:【第1期2次】販売戸数20戸

「7月下旬」に予定されていた第1期2次の本広告が8月にずれ込んで、ようやくお目見え。
ただし、販売戸数は、たったの20戸。総戸数425戸の5%にも満たない。
さらに2週間後(8月17日)に打たれた予告広告(第2期)では、「販売開始予定時期/平成19年9月上旬」とあるが――。

  • 2007年9月14日:【第2期】販売戸数13戸

第2期の本広告が出たのは、9月14日。
上旬とは、1日から10日までの10日間のことをいう。9月14日は、中旬ではないか!
しかも、販売戸数13戸と勢いがない。

  • 2007年10月26日:【第2期2次】販売戸数32戸

第2期の本広告(9月14日)から、1月余りが経過して、第2期2次の本広告に記された販売戸数は32戸。
それから、20日ほど経過(11月16日)して、第3期の予告広告で第3期の「販売開始予定時期/平成19年12月中旬」と表示されるが――。

  • 2007年12月21日:【先着順】販売戸数55戸

12月中旬(月の11日から20日までの10日間)に第3期の本広告が打たれることなく、本日、「先着順販売住戸」の本広告が。
第1期販売戸数から先着順販売戸数までの累計が、180戸。
A棟・B棟の竣工までの1カ月間で、残り245戸(=総戸数425戸−180戸)を売り切るのは、大変そうだ。

(本日、マンション広告3枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.