不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

2008年の首都圏マンション市場予測

不動産経済研究所データより作成

曜日は、マンション広告なし。

    • -

不動産経済研究所が、本日「2008年首都圏・近畿圏マンション供給市場予測」を公表。
2007年の「19.0%減の6万331戸の見込み。都心部売渋り、郊外在庫処理優先」に対して、2008年の首都圏マンション市場予測が、次のように記されている。

  • 2008年は10.5%減の5万4,000戸。基準法改正の着工激減が年度明けから影響。
  • 大手は供給回復基調も、中堅・中小企業が価格のブレに対応できず、依然供給縮小。
  • 11月末時点の未発売在庫は2.5万戸、高騰価格物件の処理が鍵に。




最後までお読みいただき ありがとうございます。
よろしかったら 応援のクリックを! 
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ


[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.