不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

住育のすすめ


住育のすすめ―住まいを考える50の方法 (角川SSC新書)

住育のすすめ―住まいを考える50の方法 (角川SSC新書)


コピーライター竹島靖氏(1960年生まれ、東京都在住)が、積み重ねると4mにもなる資料や本で研究して出した結論は、中古の戸建。
竹島氏は、築8年の一戸建てを「既存住宅性能表示」で検査し、シロアリや腐朽などを調べる「特定現況検査(3万円)」や耐震診断(8万4千円)など、合計19万4千円を投資。
耐震診断の結果、さらに耐震補強工事100万円を追加投資。
「最適の家」を手に入れるために、経験値ゼロからスタートさせた「持ち家プロジェクト」の具体的なプロセスを描写した本著は、これから一生の買い物をしようとする人に参考になるかも。


最後までお読みいただき ありがとうございます。
よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.