不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

分譲マンションの7割が防犯カメラを設置

長谷工総合研究所の公表データーにより

    • -

長谷工総合研究所が、既存マンションの防犯対策の現状アンケート調査結果を発表している。
首都圏と近畿圏の分譲マンションの管理組合を対象に2007年5〜6月に実施されたもの。
回答率は約30%(213件)。
同調査結果によれば、分譲マンションの防犯設備としては、防犯カメラの設置率が最も高い。
設置率の高い順は、次のとおり。

  • 防犯カメラ(73.2%)
  • 鍵付き郵便受け(70.9%)
  • オートロックシステム(43.2%)
  • 施錠可能なゴミ置き場(39.0%)
  • セキュリティサービス(35.2%)
  • ピッキング対策錠等の玄関ドア(32.4%)
  • 自動施錠装置付共用出入り口(24.4%)
  • 貫通式郵便受け(23.0)
  • モニター付きインターフォン(共用)玄関(20.7%)
  • 駐車場出入り口のシャッター等(15.0%)
  • 人感センサー付きのライト(13.1%)
  • 防犯ガラス等の住戸内窓 (4.2%)
  • その他 (3.8%)




最後までお読みいただき ありがとうございます。
よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング


[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.