読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

温泉付きマンションとは|マンション広告の用語解説

用語解説

温泉付きマンションとは、デベロッパーが弄するマンション差別化戦略のひとつ。
イニシャルコトスとランニングコストがかかる割には、有難味が少ない。

マンションの温泉は有難味があるか?

温泉はたまに入るから有り難味がある。毎日となると感激しなくなるのは人の常だ。50インチの大型プラズマTVだって、1週間もすれば見慣れてしまうし、高級寿司だって毎晩では飽きてしまうだろう。

では、カラダにいいのかといえば、地下1,000mの深さから無理やりくみ上げた「天然温泉」の泉質は、どこにでもある「ナトリウム−塩化物温泉」だ。
くみ上げた「天然温泉」に水道水を混ぜて利用するのだから、効能もさぞ薄まっていることだろう。

しかも、よく考えてみれば、「天然温泉」があふれる湯船にゆっくりつかるのは、肌寒くなる秋から冬にかけてではないだろうか。少なくとも夏はシャワーで済ます人も多いはずだ。

「天然温泉」は、マンションの販促設備

なのに、「天然温泉」の水質管理やポンプの動力費など、毎月の維持管理費用を負担しなければならない。
また、水道配管とは別に、「天然温泉」専用の配管が余分に必要となるので、そのぶん確実に工事費を上昇させる。

「天然温泉」は、デベロッパーのマンション差別化戦略のひとつ。
あなたが「天然温泉」を本当に望んでいるのかよく熟考することが必要だろう。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.