読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

洋室のカーペット仕様とは|マンション広告の用語解説

用語解説

北側の洋室は、通常、フローリングではなく、カーペット仕上げであること多い。
最大の理由は、コスト。

北側の洋室にカーペット仕様が多いのは、なぜ?

最大の理由は、コスト。

北側の洋室が子供部屋になることが多いことを考えると、階下への遮音性能の確保は重要なテーマだ。
特にビー玉を床に落としたときに発生する“コツン”というような軽量床衝撃音に対しては、カーペットが効果的だし、しかもフローリングに比べて安価だ、
フローリングで軽量床衝撃音対策を施そうとするとお金がかかる。

デベロッパーとしては、後々の騒音トラブルを避けるためにも、販売価格を抑えるためにも、フローリングではなくカーペットを採用したくなるところだ。
ただ、カーペットは安価だが、ダニ・カビの巣窟となりやすく、あまり衛生的とはいえない。子供部屋としては避けたい仕様だf:id:flats:20161208100447j:plain

お金はかかるが、洋室はカーペットではなく、フローリングが永住仕様にふさわしい。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.