読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

PS(パイプスペース)とは|マンション広告の用語解説

PSとは、パイプスペース(Pipe Space)あるいはパイプシャフト(Pipe Shaft)の略。
上下階を貫通する水周りの配管を収納しているスペースのこと。

PS(パイプスペース)の位置にご注意

共有部分を貫通しているPSは、特に気にする必要はないが、専有部分を貫通しているPSについては、その位置をよく確認しておく必要がある。

最上階から1階までの間取りが同じであれば、住戸内を上下方向に貫通する配管を収納しているSPは平面的には同じ位置にくる。
ところが、間取りのタイプの多さを売りにしているマンションの中には、上下階の住戸で水周りの位置が必ずしも一致していない場合がある。

リビングのバルコニー側の隅にPSが配置されている住戸を時おり見かける。
なぜ、リビングの隅にPSが配置されているのか?
直上階に、バルコニーに面したキッチンが配置された住戸があるためだ。
つまり、他人の住戸のキッチンの排水のための縦配管が、リビングの隅にPSとして張り出しているのだ(次図)。

PS(パイプスペース)配置図

せっかくアウトフレーム(柱型を室外側に配置する方式)で、室内空間を稼ごうとしたのに、PS分だけ張り出してしまっている。

リビングの隅に張り出した、他人の住戸のためのPSは、リフォームの際に邪魔になるだけでない。
他人の住戸排水のためのPSは、しっかり自分の住戸の専有面積に含まれているのだ。

他人が使うキッチンの排水のための配管スペースが、自分が購入する住戸の専有面積に含まれているという事実を、すんなりと受け入れられる人はそんなに多くはないだろう。

「個性豊かなプランニング」の販促のツケは、何人かの購入者にしっかり回っている。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.