不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

物件サイトが凝らす様々な工夫

土曜日(こどもの日)、マンション広告2枚。

  • 9月9日(土)、3月23日(金)、4月20日(金)の物件と同じ。

東京駅直通16分(快速利用)、バス7分+徒歩4分。総戸数733戸、19階建。販売戸数24戸、3LDK(101.94m2)〜4LDK(148.85m2)。予定販売価格5,430万円〜10,060万円、予定最多価格帯6,300万円。平成20年3月下旬竣工(本チラシ掲載日の11カ月後)。

湾岸エリアに建つ、バス7分+徒歩4分の大規模マンション。
ボタンダウンの第2ボタンまで外して、公園の芝生でくつろぐ渡辺謙の写真がチラシのオモテ面に。
ハリウッドスターを起用した第1期2次のチラシの裏面には、物件の良し悪しを判断できるほどの情報が、必ずしも十分に掲載されているわけではない。
念のために本物件のホームページを見てみると――
印刷物の見た目そのままをWeb上で公開できる「デジタルパンフレット」機能を使った図面集やカラーパンフレットなどが掲載されている。
図面集は、敷地配置図から各階平面図など計14枚の図面が閲覧可能だ。
本物件のデジタルパンフレットの作成を請け負っている(株)フロムページのサイトを見ると、デジタルパンフレットの作成料金は次のようになっている。

  • 固定制作費 31,500円/冊
  • ページ制作費 3,150円/頁
  • サーバー利用料 15,750円/月
  • リンク費 315円/箇所

ということは、計14枚からなる図面集の作成費用は、75,915円(=31,500円+@3,150円×14枚+315円/箇所)。
月々の維持費は、サーバー利用料の15,750円。
通常の印刷したパンフレットを郵送することと比べるとかなりのコストダウンだ。


本物件のホームページには、このほかにも販促の工夫が施されている。
本物件の専用ブログだ。
ただ、昨年の9月にブログを開設して8カ月も経つのに、投稿記事はたったの22件しかない。
トラックバックに至っては、わずか5件。
「ブログ担当者の判断により、トラックバックを削除させていただく場合」があるせいなのか、5件のトラックバックは、当たり障りのない記事ばかり。
本日の筆者のブログ記事のトラックバックは、受け付けてもらえただろうか・・・・・・。


マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)という方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.