不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

新築マンションと中古マンションの広告表示内容の違い

20階建てが3棟と15階建てが1棟の全619戸からなる大規模マンション。

大手町駅直通17分(快速利用)、駅徒歩16分。総戸数619戸、20階×3棟+15階×1棟。販売戸数9戸、3LDK(76.08m2)〜4LDK(90.14m2)。販売価格3,298万円〜4,798万円。平成18年3月16日竣工済み(本チラシ掲載日の1年1カ月前)。

  • 2005年/2月25日(金)・4月1日(金)・8月12日(金)・9月9日(金)、2006年/3月20日(月)・8月11日(金)・10月7日(土)・12月1日(金)・12月8日(金)、2007年/1月3日(水)の物件と同じ。

竣工してから遂に1年を経過。
本日の広告では、販売戸数9戸(=売れ残り)となっている。


当ブログでも何度か記したが、新築とは、「建築後1年未満であって、居住の用に供されたことがないものをいう(不動産の表示に関する公正競争規約 第18条(1)号)」
ということだから、竣工後1年1ヶ月を経過した本物件は、新築を謳えない。


本物件のB3サイズの広告は、一見すると新築マンションの広告と変わりがないので、ゴマ粒サイズの小さな文字で表示された「竣工日/平成18年3月16日」に目が行かなければ、中古マンションであることには気が付かない。


さて、この“中古マンション”の広告表示は、これまでのような“新築マンション”と同じ表示でいいのか?
新築分譲マンションや中古マンションが広告で表示すべき事項は、同規約施行細則の第4条(必要な表示事項)の別表6(新築分譲マンション)・別表7(中古マンション)でそれぞれ規定されている。


二つの表を丁寧に見比べていくと、中古マンションの場合には「階数及び当該物件が存在する階」を表示しなければならないことになっていることに気が付く。


なのに本物件の“中古マンション”広告には、販売戸数9戸の「存在する階」が表示されていない!
「存在する階」表示ルールが厳格に適用されれば、売れ残り住戸(=販売戸数)の理由がもう少し分析ができるかもしれない。

(本日、マンション広告4枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.