不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

マンション広告で一番多いサイズは?

1世帯平均年間配布チラシ数のサイズ別
土曜日、マンション広告4枚。

大手町駅直通11分、駅徒歩20分。総戸数67戸、8階建。販売戸数1戸、3LDK(61.6m2)。販売価格1,980万円。平成19年3月末竣工(本チラシ掲載月)。

駅から遠い小規模マンション。
B4サイズの広告の裏面には、2カ月前に竣工した別の物件が掲載されている。
さすがにB4サイズで、紙質も薄い広告となると、物件の内容はともかく、見栄えの貧弱さに引いてしまう。
広告の表面的な見栄えに気をとらわれずに、物件情報から建物の品質をしっかり見極めるべきなのだが、なかなかそうはいかないのが正直なところだろう。
あなたは、赤く着色された明太子や福神漬けを選ぶほうですか?
それとも人工着色されていない、色合いのパットしない明太子や福神漬けを選ぶほうですか?



ところで、マンション広告のサイズ。
B2判(=新聞全紙サイズ)、B3判(=新聞半紙サイズ)、B4判など、どのサイズが最も多いかご存知ですか?
マンション・チラシ検定(上級)」を受験された方は、すでにご存知かもしれませんね。
「朝日オリコミ」の全国オリコミ広告出稿統計によれば、2005年に首都圏で各世帯に配布された広告のサイズの比率は次のとおり。

  • B1判(0.4%)
  • B2判(17.8%)
  • B3判(67.9%)
  • B4判(13.7%)
  • B5判(0.1%)

B3判(=新聞半紙サイズ)が、約7割と断トツで多い、というのが答えです。


マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)という方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.