不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

なぜ間取り図を載せないのか?

ホームページの見出し
土曜日、マンション広告1枚。

  • 12月15日(金)の物件と同じ。

東京駅直通12分、駅徒歩22分。総戸数21戸、8階建。予定販売戸数21戸、2LDK+S(65.03m2)〜3LDK(77.96m2)。販売価格未定。平成19年3月中旬竣工(本チラシ掲載日の2カ月後)。

第1種住居地域に建つ、駅から遠い小規模マンション。
本物件のB3サイズの広告には、前回(12月15日)同様、建物本体そのものの情報が全く掲載されていない!
物件のロケーション情報のほかに、今回新たに追加された次の2つの情報は、相変わらず、物件仕様とは関係のないものばかりだ。

  • 〇〇区の充実した子育て支援制度。

本物件の建つ〇〇区の子育て支援制度が、周辺自治体比べていかに充実しているかという情報が詳しく書かれている。

  • マンションは「管理」を買う時代、だから管理会社は重要です。
    • 業界トップクラスの日本ハウズイングが担当。

日本ハウズイングは、たしかに2005年度のマンション管理戸数で、大京管理に次ぐ、第2位(住宅新報2006年10月24日号による)だ。
マンション選びの要素として、管理会社が重要であることに異論はない。
なぜ、広告にまったく間取り図が掲載されていないのか?
ホームページを確認すると――。
「コンセプト」「周辺環境」「アクセス」の見出しをクリックすると、それなりの情報が表示される。
ところが、「設備・仕様」「間取り」「モデル」の見出しはあるものの、なんとリンクが張られていないのだ。
あと2カ月で竣工するマンションなのに、なぜゆえに、そうまでして建物仕様の開示を渋るのか?
とっても気になるので電話取材した。

  • 筆者「チラシには間取り図が掲載されていないのですが、どんな間取りがあるのですか?」
  • 男性販売員「3LDKになります」
  • 筆者「どのような3LDKなのですか?」
  • 男性販売員「専有面積が65m2から78m2の住戸が全部で21戸あります」
  • 筆者「それはチラシを読めば分かります。どのような間取りがあるのですか? 角住戸とか、中住戸とか」
  • 男性販売員「角住戸が2タイプ、中住戸が1タイプ。全部南向きとなります」
  • 筆者「なぜ、チラシに間取り図を載せていないのですか?」
  • 男性販売員「まだ予告広告なので載せていません。深い意味はないです
  • 筆者「間取り図を載せる予定はあるのでしょうか?」
  • 男性販売員「正式な広告(本広告のことらしい:筆者注)が2月中ごろになるので、そのときに間取り図を載せます」

これまでは予告広告だから間取り図を載せていないという男性販売員の説明は、にわかには信じがたい。
間取り図を載せていないことに、「深い意味はない」とは考えにくいのだが・・・・・・。


マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)という方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.