不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

住まいの10大ニュース

HOME’S
不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を運営するネクストが12月25日、「住まいの10大ニュース」を発表。
首都圏在住の20代〜50代の男女1,000人が、今年話題となった住宅関連のニュースのうち、「自分が興味を持ったもの」を複数回答。
以下、本ブログの関連記事と合わせてご確認ください。

1位 シンドラー社製エレベーター事故(2006年6月3日〜)

6月7日(水) 納入業者とは資本系列のない保守会社に委託する場合には―
エレベーターに限らず、維持管理費の低減を強力にすすめて、納入業者とは資本系列のない保守会社に委託する場合には、注意しなければならない。

2位 姉歯元建築士逮捕(2006年4月26日〜)

12月7日(水) とんでもない建築士がいたもんだ
デベロッパーやゼネコンからの厳しい要求に耐えながらも、世の中のほとんどの構造技術者は、人命にかかわる大変重要な仕事に携わっているというプライドを持って、任務をまっとうしている。
安全性を犠牲にしてコストを下げるという、技術者として超えてはならない一線を姉歯秀次1級建築士は超えてしまった。

3位 ゼロ金利解除へ(2006年7月14日〜)

4位 株式会社ヒューザー、宅建業免許取り消し(2006年2月23日)

11月23日(水) 構造計算書偽造物件に係った建築主の共通点は
資本金が3,000万円(サン中央ホーム)〜約6億円(シノケン)と小さいこと、会社設立後15年(シノケン)〜28年(サン中央ホーム)と若い(?)こと。
マンション・デベロッパーを選ぶ際には、「寄らば大樹の陰」作戦が基本か――。

5位 地価(路線価)上昇傾向へ

9月19日(火) ミニバブルの再来か?
新聞各社一面は、三大都市圏の基準地価が住宅地と商業地ともにバルブ崩壊後で初めて上昇に転じたことを報じていた。

6位 イーホームズ株式会社、確認検査機関の国指定取り消し、解散(2006年5月29日〜)

10月26日(木) 藤田社長 耐震偽装を語る
イーホームズの藤田東吾社長が20日、首相官邸を訪れて安倍晋三首相に面会を求めて拒否、官邸前が一時騒然となるニュースが伝えられていたが――。
マスコミに黙殺された藤田社長が、自らの主張をyoutubeに映像をアップ。

7位 マンション価格、上昇傾向へ

8位 2016年のオリンピック国内候補地、東京に決定(2006年8月30日)

9位 政府、住宅ローン減税期間延長の方針を固める(2006年12月)

10位 武蔵小杉再開発マンションに人気集まる

5月4日(木) 武蔵小杉駅周辺マンション・ラッシュ
この武蔵小杉駅の南側に工場跡地などを利用した大規模な再開発事業が進んでいて、超高層マンションの建設ラッシュ状態となっている。
同再開発エリアの居住人口は約1万5千人に達するという。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.