不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

東京都優良マンション登録表示制度(その3)

登録された累積件数

昨日の続き
本制度が実施された2003年4月1日以来、先月の11月21日まで、約2年8ヶ月の間に(仮)認定・登録を受けたマンションの件数内訳は、次のとおり、なんとも寂しい数だ。

  • 新築マンション(計211件)
    • 仮認定 136件
    • 本認定 75件
  • 中古マンション(8件)

新築マンションは、「仮認定」⇒「本認定」の過程を経て登録される。
上記の新築マンションの登録数211件は、中身を確認するとダブって計上されていることがわかる。
このダブル計上分を差し引くと、実際に登録された物件の累積数は136件と4割も減ってしまう。
この少ない136物件の内訳を調べていて、驚きの事実を発見!
新築マンションで同制度の(仮)認定を受けているのが、次のように、ほとんど2つのデベロッパーに限られているのだ。

  • 大京(109件)
  • セコムホームライフ(21件)
  • グローベルス(3件)
  • その他(3件)

認定基準が高すぎて、他のデベロッパーは認定を諦めているのか?
あるいは、多くのデベロッパーは、認定が販促につながらないと同制度を見限ったのか?
ちなみに、優良マンション登録表示にかかる申請手数料は、新築の場合、10,000m2未満が44,100円(税込)、10,000m2以上で50,400円(税込)だから、申請手数料高さゆえの申請数の少なさではなさそうだ。
「東京都優良マンション登録表示制度」危うし。
さらに明日に続く・・・・・・

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.