不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

アロマ漂う販促ワザ?

超大手の総合商社が売り主となっている中規模マンション。

大手町駅21分(途中急行乗り換え)、駅徒歩9分。総戸数65戸、8階建。販売戸数未定、2LDK(60.41m2)〜4LDK(100.75m2)。予定販売価格3,300万円台〜6,000万円台、予定最多価格帯3,700万円台。平成19年11月上旬竣工(本チラシ掲載日の1年後)。

  • 8月26日(土)、10月13日(金)の物件と同じ。
  • air aroma エントランスホールにアロマの香りを漂わせた癒しの空間となっております。

アイスキャンディーの棒ほどの狭いスペースにair aromaの宣伝が。
10月13日の広告には無かった、air aromaって いったいなんなのか?
本広告だけでは詳細が分からないので、ネットで調べてみた。

    • -

オランダ人エンジニアJohn Van Roemburg氏が1998年に立ち上げたアロマテラピーブランド。
エアアロマ株式会社(1998年設立。2006年4月に現社名に変更)が、2001年にオーストラリアair aroma社からのアロマディフューザーの輸入販売を開始。
マンションのエントランスに設置されるのは、エアアロマ社の「マイナスイオンアロマディフューザー」のポータブルタイプか。
ポータブルタイプだとすれば、20インチの液晶テレビよりも一回り小さいくらいのサイズ。
価格は定価で514,500円(税込み)。
1日8時間の使用で、1カ月に100mlボトル入りオイル1本を消費する。
アロマオイルは、100mlボトルで1万円〜3万円といったところ。

    • -

アロマ装置50万円、月々の補充オイル数万円は、1世帯あたりにすれば大した負担ではないだろう。
でも、エントランスを通るたびに匂うアロマの香りは、好き嫌いがあるだろうし―。
アロマ装置の運用を停止するにしても、住民の合意をとるための手続きがなかなか厄介だ。
将来、アロマ装置が故障あるいは劣化したときに、再び新しい装置を入れようということになるだろうか・・・・・・。
マンション広告に色を付ける(この場合は匂いを付ける?)ために、air aromaの設置を謳うという、なんとも迷惑な販促ワザではないか。

(本日、マンション広告3枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.