不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

電車情報の伝え方はこれでいいのか!

東京駅直通27分、駅徒歩6分。総戸数514戸、14階建+13階建。販売戸数未定、3LDK(76.24m2)〜4LDK(88.97m2)。予定販売価格2,500万円台〜3,400万円台、予定最多価格帯2,900万円。平成19年8月下旬竣工(本チラシ掲載日の10カ月後)。

  • 6月11日(日)、6月25日(日)、7月17日(月)の物件と同じ。
  • 乗入本数 24本

路線図のヨコに10円硬貨ほどの大きさの丸に囲まれて「24本」の赤地白抜き文字がくっきりと描かれている。
2,3分に一本の間隔(=60分÷24本)で電車が利用できると思ったら、大きな勘違いだ。

  • 乗り入れ本数24本の武蔵野線を起点とする、都心へ近い快適なマルチアクセス。
    • JR武蔵野線は実に24もの路線が乗り入れ、縦横無尽なアクセスを実現。
    • 高機能なマルチアクセス環境により通勤時間をスムーズに使って、オンとオフを自在に切り換えることができます。

なんのことはない、「24本」という意味は、西船橋駅〜府中本町駅間を結ぶ武蔵野線の全線に乗り入れている他の路線の本数のことだ。
ずいぶんと紛らわしい、事実誤認を誘発しやすいキャッチコピーではないか。
さらにもっと、手の込んだ事実誤認誘発キャッチコピーが続く。

  • 東京直通および1駅3分の「西船橋」で総武線・東西線にアクセス自在。

ボーッと読んでいると見過ごしてしまうのだが、「東京直通」なのは、本物件最寄駅(=船橋法典駅)ではなく、隣のターミナル駅「西船橋」駅のことだ。
「1駅3分」というのは、隣の「西船橋」駅までの乗車時間のこと。

  • JR武蔵野線「船橋法典」駅からの所要時間 「大手町」駅 26分、・・・・・・。
    • ※大手町へはJR武蔵野線利用「西船橋」より東京メトロ東西線快速乗換え(通勤時34分)、・・・・・・。

本物件の最寄り駅である船橋法典から、大手町駅までの“所要時間”は「26分」、「通勤時34分」ということになっている。
広告表示ルール上、乗り換え時間を含めない最短の“所要時間”を謳うことに問題はないのだが・・・・・・。
“所要時間”ではなく、実際に要する通勤時間を念のために確認しておこう。
乗り換え案内のウェブサイト「駅探」で調べると、平日の朝8時37分に大手町駅に到着するためには、船橋法典駅7時58分発に乗車しなければならないことが分かる。
つまり乗り換え時間を含む実際に要する通勤時間は、39分。

本広告が大きな文字で強調している「26分」との差は、なんと13分もある。
ビジネスマン、ビジネスウーマンにとって、通勤時間13分の差は無視できない時間ではないだろうか。

(本日、マンション広告9枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.