不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

タワー型(塔状)マンションのデメリットは―

センターコア型マンション

大手町駅直通7分、駅徒歩6分。総戸数155戸、32階建。販売戸数未定、1LDK(39.42m2)〜3LDK(114.16m2)。販売価格未定。平成20年2月下旬竣工(本チラシ掲載日の1年8カ月後)。

都心へのアクセスが良好な、地上32階建ての超高層マンション。

  • 心地よい開放感の広がる角住戸中心。
    • 建物は、空にそびえるタワーフォルムを採用。
    • 各フロアの住戸を4〜6戸とし、約76%(155戸中199戸)が角住戸の開放感に優れたプランを実現しました。

タワー型(塔状)の超高層マンションだから、上層階の住戸からの眺めはさぞかし良いことだろう。
でも、150mほど南側には32階建てと33階建てのツインタワー・マンションがそびえているから、南側の住戸からの眺めはイマイチかも。
さて、眺望のことはともかく、タワー型(塔状)マンションのデメリットのひとつは、通風性能。
本物件のように、エレベーターや階段、共用廊下が中央に集められたセンターコア型は、構造性能的には安定しているが、コア部分が外部に面していないので、防災性能は劣る。
また、角住戸以外の住戸は、外部に1面しか面していないので、風通しがよくない。
まあ、高層階の住戸ともなると、風が強いので、あまり窓を開けられないか・・・・・・。


マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)と感じた方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.