不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

秋以降、都心で2〜3割値上げ?

6月16日(金)の日刊工業新聞の記事によれば、藤和不動産は、秋以降に売り出すマンションの販売価格を、都心の物件については2〜3割値上げする方向で検討しているという。
同記事によれば、藤和不動産が値上げに踏み切る考え方は、次のとおりだ。

競争力のある都心立地の物件は、2〜3割りの値上げも視野に入れる。
地価が上昇した04年度秋以降に用地を仕入れた物件が本格的に市場に出回るため。
また、金利や不動産の先高感からユーザーのマンション購入意欲が強まっており、同社では都心の物件なら値上げをしてもマーケットに受け入れられるとみている。

藤和不動産といえば、2005年のマンション販売戸数の全国事業主別ランキング5位。
3度目の金融支援受け三菱地所の傘下に入ってはいるものの、総合不動産大手として、マンション市場の価格形成への影響力は小さくない。
記事は、秋以降の値上がりの様子を次のように分析している。

現在のマンション相場は、土地が値上がりする前に用地を仕入れた“旧価格物件”と、値上がり後に仕入れた“新価格物件”が入り乱れている。
秋以降に市場に出てくるのはほとんど新価格物件となり、マンションの販売価格が全体的に上がるとみられる。
(後略)




マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)と感じた方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.