不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

専有面積を抑え、分譲価格を据え置いた結果か?


本日火曜日は、マンション広告なし。

    • -

リクルート社は4月17日、「首都圏新築マンション契約者動向調査2005年」の結果を発表した。
それによれば、2005年の平均専有面積は75.2m2で、過去5年で最も小さくなっている。
80m2以上の占める割合も2002年をピークに3年連続で減少し、2005年は37%。
内訳をみると、75〜80m2未満が20%と最も高く、次いで70〜75m2未満の19%。
70m2台が占める割合が全体の4割近い。
専有面積を抑え、分譲価格を据え置いた結果か・・・・・・。


マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)と感じた方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.