不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

「キャンセル住戸」の真実を確認すべく、モデルルームに出向いてみた

(※昨日の記事の続き)

大手町駅直通14分、駅徒歩10分。総戸数33戸、10階建。販売戸数1戸、2LDK+S(55.08m2)。販売価格3,228万円。平成17年11月初旬竣工(本チラシ掲載日の3カ月後)。

  • 9月18日(土)、3月20日(日)、4月2日(土)、5月29日(日)、6月26日(日)、7月9日(土)、7月23日(土)の物件と同じ。

この1週間で最後の3戸が売れて、全戸数完売直前で、1戸キャンセルが出たということになる。

  • 見るだけ宣言フェア開催!!
  • マンションギャラリーで「見るだけ」と言っていただければ、私たちは「営業」しません。

「見るだけ宣言フェア」を開催中とのことなので、「キャンセル住戸」の真実を確認すべく、モデルルームに出向いた。

  • 受付の女性「いらっしゃいませ」
  • 筆者「『見るだけ』でお願いします」
  • 女性販売員「案内を付けますので、ここでお待ちください」
  • (モデルルームの1階には、すでに2組の先客がいた。成約済みのバラの花を付けたボードはどこにも見あたらない。待つこと数分で、濃紺スーツで身を固めた30歳前半と思われる大柄の男性営業マンが現れた)
  • 筆者「『見るだけ』でいいんですけど―」
  • 男性販売員「2階のモデルルームにご案内いたします」
  • (といって、名刺を差し出された。名刺を丁寧に受け取り、筆者が先頭になって2階への階段を上る。2階のモデルルームのドアを勝手に開けて、どんどん中に入っていった)
  • 男性販売員「このあたりのマンションをお探しですか?」
  • 筆者「『見るだけ』ということでお願いします」
  • 男性販売員「・・・・・・」
  • (男性販売員が一瞬ムッとしたようなので、場を和ますために、)
  • 筆者「このモデルルームは、ずいぶん広いんですね」
  • 男性販売員「73m2あります」
  • 筆者「チラシの物件は55m2くらいでしたよね」
  • 男性販売員「そうですが、このあたりのマンションをお探しですか?」
  • 再び「営業」されそうなので男性販売員の質問には応えず、逆に「キャンセル住戸」に関連した質問を投げ返した)
  • 筆者「チラシでは55m2が残り1戸となっていましたが、他には残っていないのでしょうか?」
  • 男性販売員「1戸だけとなっています」

「キャンセル住戸」であるか否かはともかく、本物件は残すところあと1戸というのは、どうも確かなようだ。
それにしても、「『見るだけ』と言っていただければ、私たちは『営業』しません」とチラシで謳っている割には、すきあらば「営業」しそうな男性販売員の姿勢。
「このあたりのマンションをお探しですか?」と何度も繰り返されれば、気の弱い人だと、「営業」攻勢を受けてしまうことだろう。

(本日、マンション1枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.