不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

首都圏版だけが別格!? SUUMO新築マンション

最近、SUUMO新築マンションの地域版の表紙デザインもチェックしている。

表紙のデザインがコロコロ変わる。どうも一貫性がないように見える。

今週発行された首都圏版は、先週に引き続き「新デザイン」(タイトルが下部に配置されて、写真・イラストサイズが大きい)

SUUMO首都圏版4月25日号

 

一方、千葉県・茨城県南版のほうは、今週も「旧デザイン」(タイトルが上部に配置されて、写真・イラストが小さい)のままだ。

スーモ千葉県・茨城県南版4月25日号

 

では、他の地域版のデザインは、どうなのか?

今週は首都圏版だけが新デザイン!

実は、今週の関東エリアのSUUMOは、首都圏版だけが「新デザイン」。あとはすべて「旧デザイン」なのだ(次図)。

SUUMO5種類


最近の各地域版の表紙デザインの採用実績は次表のとおり。

先週号で新デザインを採用していた3つの地域版が、再び旧デザインに戻ってしまったのだ。

SUUMO新築マンションの表紙デザインの地域版比較

なぜ、首都圏版のみが新デザインなのか?

ひょっとして、新築マンションの発売価格と関係あるのでは?

新築マンションの発売単価は、23区がダントツで高い(次図)。

高額なマンションが発売される23区のSUUMOだけが、お洒落な新デザインを採用するということになったのか?

新築マンションの地区別単価の推移

「ダサい旧デザインが採用されたのが首都圏版でなくで良かった」と言ったら辞任、って復興大臣かっ!

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.